2015年1月定例会が行われました。
日時:2015年1月10日(土)15:00~18:00
場所:喫茶室ルノアール 大久保店
参加人数:9名(見学1名を含む)

IMG_0101.jpg



Logic Pro XGarageBand 10を併用する際のライセンス認証について(橘)

IMG_0075.jpg

[Logic Pro X]と[GarageBand 10]を併用する際に起こる、AudioUnits音源の問題を紹介しました。

IMG_0080.jpg

本題に入る前に、Logic Pro XではミキサーウインドウやチャンネルストリップでAudioUnits音源を追加変更が出来るのですが、GarageBand 10にはその2つが存在しません。

IMG_0084.jpg

どうするかというと、ソフトウェア音源のトラックを立ち上げた後に、インスペクタから変更する事で使用出来るようになります。

IMG_0086.jpg

細かい使用の差はさておき、ライセンス認証をLogic Pro Xで行っていてもGarageBand 10で使用すると未ライセンス認証になってしまう問題が出てしまいました。

IMG_0092.jpg

解決方法は[KORGのサイト]に分かりやすく書いてありましたので紹介しますと、スタンドアローンでライセンス認証をした後に、コマンド(エイリアスを作りここに置いて下さいという意図の)をターミナルで書く事で認証されるようです。

IMG_0089.jpg

このような問題があり、橘さんは一部のプラグインでLogicとGarageBandそれぞれにライセンス認証を誤ってしてしまい、無駄にオーサライズ回数を消費する事となってしまいました。

なぜこんな面倒な事になってしまったかと言うと、GarageBand 10から読み込むプラグインの位置が変更になってしまい、そこに原因があるようです。そのため、プラグイン内のユーザー設定などがあるものも同様に引き継がれなくなっています。

KORGの場合はこれで解決しましたが、IK Multimediaなど他のメーカーでも似たような方法を取る事で解決する事があるようです。見た目も近いLogic Pro XとGarageBand 10ですが、併用される場合はプラグインについて問題が起こる可能性もあるようですので注意しましょう。



■オリジナル曲を作りましょう!(ノグチ)

IMG_0107.jpg

去年からのオリジナル曲を作りましょうという企画があり、発表月でした。

IMG_0567.jpg

私から紹介したのは派手なインスト曲で、タイトルは「Unreal Attack」。シーケンサーアプリは[KORG Gadget]を使用していますが、マスタリングに[Positive Grid Final Touch](上図)を使用しています。

IMG_0110.jpg

Final Touchについては[こちらの記事の後半]で紹介しているアプリです。今回はKORG GadgetからiPad内部でオーディオの受け渡しが出来る、AudioCopy&AudioPaste機能を使用しています。

Gadgetは[こちらの記事]でも紹介しています。Gadgetは簡易リミッター機能は搭載されていますが、Final Touchではより詳細に音を突き詰めていく事が出来ます。AudioUnitsエフェクターで有名なものから似たような機能が搭載され、それがこのアプリ内に複数詰まっているので便利です。

IMG_0569.jpg

Gadget内には標準で15個ものソフトシンセも内蔵しており、そこから9つの音源を使用しました。それぞれ土地の名前が付いています。

Gadget全体ではリミッターとリバーブしかエフェクターは有りませんが、個別のソフトシンセ内にディレイなどのエフェクターが搭載されているものもあります。

楽曲に使用した面白い音源をご紹介します。Amsterdamという音源でワンショットのSE音として使用したのですが、簡単にインパクトを作れます。



■オリジナル曲を作りましょう!(長峰)

IMG_0122.jpg

長峰さんからゆったりとしたバラードで、ご自身によるボーカル入りです。曲名は「Blues Everywhere」。

IMG_0125.jpg

iPhoneの[iReal Pro]でコード進行を作成して、歌以外の主要な部分を制作しています。

IMG_0132-2.jpg

レコーダーアプリの[MultiTrack DAW]にはトラックごとにInter-App Audio機能があり、他のアプリをエフェクターのように扱う事が出来ます。マスターの所にも掛ける事が出来ますので、先ほどのFinal Touchでマスタリングも出来てしまいます。

IMG_0137.jpg

便利な機能ですが外部アプリの設定までは覚えてくれませんので、都度調整をするかプリセットを外部アプリで事前に用意しておく事が必要となります。

IMG_0141.jpg

こちらはMacの[iReal Pro]です。

IMG_0144.jpg

演奏データはMIDIデータなので、簡単にドラッグ&ドロップでLogic Pro Xなどに持っていく事が出来ます(テンポはLogicで設定し直す必要あり)。

他にも、Mac版からiOS版へメール添付を行う事で相互にやり取りする事も可能となっています。





■オリジナル曲を作りましょう?(オヤマ)

IMG_0150.jpg

Macで音楽祭り2014のセミナーで、プレゼントいただいた「Band-in-a-box」。以前から紹介していた事もあり欲しいと思っていたので良かったそうです。そこで1曲ソフト内だけで作ってみました。

IMG_0155.jpg

けっこうお気に入りの曲が出来たのですが、時間を置いてしまったためどうやって作ったか分からなくなってしまいました。Macっぽくない独特なインターフェイスなので、探りながらの紹介となりました。

IMG_0158.jpg

曲はMIDIデータで書き出せますので、それをLogic Pro Xに持っていきました。ドラムは音色指定を行う必要がありますが、それ以外の音はとりあえず問題なく鳴っています。

ここから自分好みの編集をしていけば良い曲に仕上がると思います。

IMG_0157.jpg

Band-in-a-boxの復習に移りました。最近ではマニュアル本も省略されている場合も多いですが、Band-in-a-boxには厚手のものが付属しています。制作方法としては[Macで音楽祭り2014のセミナー]でご紹介していますので、こちらをご覧下さい。

IMG_0169.jpg

Band-in-a-boxは教材としての側面もありますので、このような画面も用意されています。ピアノロール機能は無いようですので、Logic Pro Xなどでの素材づくりとして割り切りましょう。

その他の話題として、橘さんよりOSX 10.10 Yosemiteの再インストールの話題、伊藤さんよりiMacを修理に出した話題、須藤さんよりUSB3.0とWifiの干渉問題などがありました。



次回の定例会は2月7日(土)15時〜18時です。場所は喫茶室ルノアール 新宿小滝橋通り店 第2会議室で開催予定となっております。

見学随時歓迎しております。ご希望の方はご連絡を頂いてからの参加となっておりますので、こちらまでお名前をお知らせください。

(価格は掲載時のもので変更になる事があります。ブログ担当:ノグチ)
関連記事
mmcexpo2014_web_l.jpg

Macで音楽祭り2014』が開催されました。ここではその模様をお伝えします。



IMG_9142.jpg

Macで音楽祭り2014」はMacやiPhoneなどでの音楽制作や、音楽・音響周辺機器メーカーによる最新製品などを紹介するイベントです[入場無料]。日時は2014年12月7日(日)11時~16時、場所は関東ITソフトウェア健保会館会議室(大久保)にて開催。
主催 Macで音楽クラブ、共催 Japan Logic User Group、出展社 IK Multimedia、ディリゲント、フロンティアファクトリー、メディア・インテグレーション。



■展示ブース

IMG_9175.jpg
(朝礼の様子から。ご紹介の順序はブース位置を左から時計回り順です)



Macで音楽クラブ

IMG_9178.jpg

左側に受付を併設し、右側で合宿の様子と制作曲をまとめた動画や写真などをご紹介しました。他に活動内容を紹介したチラシを配布しました。

IMG_9603.jpg

併せて、SoundCanvas for iOS(ローランド株式会社 協力)のご紹介も行いました。

IMG_9233.jpg



Japan Logic User Group

IMG_9163.jpg

[Logic Pro X]についての質問コーナーを設け、皆様の疑問にお答えしました。

IMG_9170.jpg




フロンティアファクトリー

IMG_9239.jpg

IMG_9505-2.jpg

ファッション性と高音質を満たす、[Klipsch]社のヘッドホンの展示を行いました。

IMG_9502.jpg

ピッチ補正ソフトウェアの[Auto-Tune]や楽譜作成ソフトウェアの[Sibelius]の展示などを行いました。



ディリゲント

IMG_9243.jpg

堅牢性に優れたアフタータッチ対応の25鍵USB/MIDIキーボード [Xkey]の展示を行いました。

IMG_9240-2.jpg

IMG_9241-3.jpg

日本未発売のカラーバージョンや、Jordan Rudess氏のデモムービー(詳細)もご紹介しました。



IK Multimedia(協力 株式会社フックアップ

IMG_9300.jpg

セミナーでも使われた超コンパクトMIDIグルーブ・コントローラー[iRig Pads]やモバイル・ミキサー[iRig MIX]などの各種IK Multimedia製品の展示を行いました。

IMG_9314.jpg

IMG_9309.jpg

Lightningコネクタ対応の24-bit対応デジタル・ステレオマイク[iRig Mic Field]の紹介もありました。

IMG_9312.jpg

90度の角度調整機構があるので縦横どちらにでも傾ける事が出来ます。音声収録時は縦に、ビデオ撮影時は横に構え正しい位置でステレオ録音する事が出来ます。



メディア・インテグレーション

IMG_9499.jpg

[Ensemble(Thunderbolt)]の展示を中心にセミナーでご紹介した各種[Apogee]製品、取り扱いのソフト音源やエフェクトプラグインも全て試す事が出来ました。

IMG_9376.jpg

IMG_9493.jpg

Inter BEE 2014で好評のLEWITT社マイクや、Focal社のエントリー・スピーカー[Alpha 50]の展示を行いました。

IMG_9500.jpg

[Ensemble(Thunderbolt)]を使ったギターの試奏なども体験出来ました。



■Macで音楽祭り2014記事一覧

Macで音楽祭り2014イベントレポート(プログラム)1:フロンティアファクトリー
Macで音楽祭り2014イベントレポート(プログラム)2:IK Multimedia
Macで音楽祭り2014イベントレポート(プログラム)3:メディア・インテグレーション
Macで音楽祭り2014イベントレポート(プログラム)4:SoundCanvas for iOS(ローランド株式会社 協力)
Macで音楽祭り2014イベントレポート(プログラム)5:Macで音楽クラブ
Macで音楽祭り2014イベントレポート(プログラム)6:Japan Logic User Group
Macで音楽祭り2014イベントレポート(展示ブース)
 
関連記事
mmcexpo2014_web_l.jpg

Macで音楽祭り2014』が開催されました。ここではその模様をお伝えします。



IMG_9142.jpg

Macで音楽祭り2014」はMacやiPhoneなどでの音楽制作や、音楽・音響周辺機器メーカーによる最新製品などを紹介するイベントです[入場無料]。日時は2014年12月7日(日)11時~16時、場所は関東ITソフトウェア健保会館会議室(大久保)にて開催。
主催 Macで音楽クラブ、共催 Japan Logic User Group、出展社 IK Multimedia、ディリゲント、フロンティアファクトリー、メディア・インテグレーション。



■セミナープログラム6:Japan Logic User Group

『Logic歴20年のベテランLogicerがお届けする、Logic Pro Xの基礎知識!!』

IMG_9507.jpg

以前はAppleStore銀座で1ヶ月〜2ヶ月おきにセミナーをやっていたのですが、Appleの方針が代わり出来なくなりました。Logic Pro X発売の時だけは特別に出来たので、Xとしてのセミナーは2回目となります。

IMG_9512.jpg

発売されてから一年以上経ち、二人ともXを使用(併用)されています。
古くからのユーザーとして一番Xに行きたくないのは、メニュー項目の位置がまったく変わってしまった事があげられます。しかし、Cubaseなど他のDAWから移ってみたい方にとって、Logicは難しかったのがとりあえず触れるようになったのも事実ですね。19,800円と安いので持っていない方はチャレンジしてはどうでしょうか。

IMG_9520.jpg

1)まず基本的な所として、ソフトウェア音源の項目を見てみます。トラック追加のダイアログに「ライブラリを開く」がチェックされた状態で出てきます(デフォルトの状態)。このままですとオーディオフェーダーにプリセットが全部セットになった状態で立ち上がります。ソフトシンセも同様です。 
個人的にはお勧めできない機能なので、チェックを外して素の状態のトラックから作りましょう。 

IMG_9527.jpg

2)マルチティンバーの音源のVintage B3 Organを立ち上げます。Upperが1チャンネル、Lowerが2チャンネル、Pedalは3チャンネルに割り振られます。

IMG_9529.jpg

Logicで普段MIDIトラックを作ると、「すべて」のチャンネル出力になります。Logicはマルチティンバー音源が標準でこのVintage B3 Organのみですので、チャンネルの概念を気にせず作る事が出来ます。

IMG_9532.jpg

このトラック作成の際に、メニューバー「トラック」→「その他」に、「①設定の複製を作った新規トラック」「②次の音源を使った新規トラック」「③同じ音源を使った新規トラック」とあります。
これが分かりにくいのですが、①ではインスト1のトラックを沢山作れフレーズを複数作る際に便利です。②の機能がこのマルチティンバーのMIDIトラックを作る際に有用となっています。

このように、他のシーケンスに無い独自の便利な機能となっています。

IMG_9535.jpg

3)LogicのサンプラーEXS24のマルチアウト出力をご紹介します。モノラル、ステレオの他にマルチ出力する事が出来ます。(他に標準で実現するのはDrum Kit Designer) 

IMG_9536.jpg

AudioUnits音源でしたらSampleTankでも可能ですが、ミキサー画面よりトラックした「+」ボタンでマルチ出力のトラックを簡単に連続で作る事が出来ます。

IMG_9537.jpg

EXS24は音色が1つしか作れないのになぜあるかというと、ドラム スネアに個別のEQコンプを掛けたい方がいると思います。思い切ってドラム音色を選んでEDITボタンを押してみて下さい。
Cymbals、HiHat、Snares、Claps、Kickとグループ分けされてもいますので、纏めて出力を切り替える事が出来ます。このページは難しいですが、これが使えるようになるとEXSの自由度が高まります。(設定を保存する事でパッチリストで切り替えができます)

IMG_9548.jpg

4)オーケストラ音色内での奏法切り替え技をご紹介します。EXS24のパッチOrchestral→Strings内にあるViolins +などの音色を選びます。ポイントは名前に「+」が付いているものを選ぶ事です。

IMG_9551.jpg

フレーズを入力してリストエディターを開きます。そうするとアーティキュレーションIDを表示させる事ができます(無い場合はミニメニューの表示より選択)。0がデフォルトで3にするとピチカート、他にトレモロ、半音トレモロなどに奏法を切り替える事が出来ます。

IMG_9552.jpg

外売りのKontaktだとキースイッチでで出来るような機能が、Logicでは標準に含まれています。キースイッチでの問題は譜面で出力する際に変な音符が下の方に表示されてしまうので、同じストリングスに対してトラックを複数分ける必要があるのが問題でした。

この方法では譜面上に変化をさせずに、アーティキュレーションIDの切り替えで奏法の変化を加える事が出来るのがメリットですね。これはLogic Pro Xからの新機能です。奏法については先ほどのEDIT画面より名前が見られるようになっています。

IMG_9560.jpg

5)Smart Controlを使っての技です。Logic Pro Xから付いた機能ですが、中にはリバーブやソフトシンセのパラメーターを簡単に調整出来ます。別売のMainStageにも繋がっていく機能ですね。
これを打ち込みで活用しようと思います。つまみを反転した状態で登録ボタンを赤表示にさせ、外部MIDIコントローラーのつまみなどを動かす事で登録できます。

IMG_9563.jpg

録音の手違いがありMIDIコントローラーでうまく登録出来ませんでしたが、この方法で使う事が出来ます。ポイントはフェーダーにあるオートメーションボタンを「Touch」にしておく事が重要となります。

IMG_9564.jpg

6)ステップ入力の際、Logic Pro 9までのCapsLockでのキーボードMIDI入力が無くなり、Logic Pro Xではミュージックタイピングに置き換わりました。Macのキーボードで入力する事ができ、ベロシティも変化させる事が出来ます。

IMG_9565.jpg

似たような物にステップ・インプット・キーボード表示というのがあり、よく間違えてしまいます。こちらは録音時にステップ入力を行うためのコントローラーです。
やり方は表示させた後に、ピアノロール画面左にMIDI INボタンを赤く点灯させる事で使えます。偶然をねらった効果や、アルペジオ的なフレーズを打ち込むのにも便利ですね。

IMG_9574.jpg

7)Drummerの紹介です。Drummerは自動的にドラムフレーズを作ってくれる機能です。4小節単位で頭にシンバルが入りますので、切り貼りでフィル始まりの4小節に組み替えてみます。
このように、非常に革新的なツールです。リージョン単位でX/Yパッドにより派手にしたり、右の調整スライドバーよりリズムを跳ねさせたりする事などが可能です。

IMG_9576.jpg

画面右下の詳細から、ゴーストノートの大小を決められます。フィーリングのプルとプッシュでリズムが前乗り後乗りかを調整出来ます。

IMG_9577.jpg

さらにこのフレーズを叩く人を変える事でスタイルを変更する事が出来ます。

IMG_9579.jpg

AppleLoopsより、ベースの録音されたオーディオパターンを入れてみます。これは生で録音したものでも良いです。このDrummerには優れた機能があり「従う」にチェックを入れベースのトラックを選択します。

こうする事で、自動的にドラムフレーズのタイミングをベースに合わせてくれます。ベース以外にも、例えばちょっと跳ねたギターを弾いてしまった時でも、この機能が有効的です。

IMG_9582.jpg

グローバルトラックを表示させます。Logic Pro Xで良くない部分としては、表示が最初からされていないパラメーターが多すぎます。グローバルトラックを表示させた後に右クリックでトランスポーズを表示させます。

IMG_9583.jpg

今キーはCになっていますので途中3度上げをしてみます。こうする事で上げた所だけキーが変わります。この技はGarageBandでも出来ます。

IMG_9584.jpg

これらをコピーしながら纏めていくのも一つの手ですが、もう少し良いビートを足したい方のための技です。
ここではAppleLoopsからドラムループを3トラック分用意します。そしてこの3つを選んで、右クリックで「フォルダ」→「テイクフォルダをパックをする」を選択します。

IMG_9590.jpg

こうする事で、ひとまとめになったリズムトラックが出来上がりました。このリージョンの三角マークより元のドラムループが表示されるようになります。自由な場所でループを切り替える事が可能になります。これがAppleLoopsを使ったコンピングという技になります。

IMG_9596.jpg

なお、DrummerのフレーズでBFD3の音で使いたい場合は、BFDの方でLogic Drummerのマッピングが用意されていますので簡単に差し替える事が出来ます。また、別トラックを作りそこにリージョンを持っていく事で、簡単にMIDIトラックに変換する事が出来ますので、中身からMIDIタイミングを抽出したりする事が出来ます。
このように、Drummerは画期的ですが1ソングで1つしか作れないのは残念です。

IMG_9595.jpg

その他の点として、Logic Pro Xになり[FlexTime]の進歩もお勧めしたい部分です。テンポフリーで弾いたギターフレーズを簡単に合わせる事が出来ます。リタルダンドした部分なども合わせるのが簡単になりました。

Logic Pro Xを触ってこれは便利だなというのを紹介しました。来ていただいた方に1つでもヒントになればと思います。
ありがとうございました。



■Macで音楽祭り2014記事一覧

Macで音楽祭り2014イベントレポート(プログラム)1:フロンティアファクトリー
Macで音楽祭り2014イベントレポート(プログラム)2:IK Multimedia
Macで音楽祭り2014イベントレポート(プログラム)3:メディア・インテグレーション
Macで音楽祭り2014イベントレポート(プログラム)4:SoundCanvas for iOS(ローランド株式会社 協力)
Macで音楽祭り2014イベントレポート(プログラム)5:Macで音楽クラブ
Macで音楽祭り2014イベントレポート(プログラム)6:Japan Logic User Group
Macで音楽祭り2014イベントレポート(展示ブース)
 
関連記事
次回の定例会お知らせ

日時:2015年2月7日(土)15時~18時

場所:喫茶室ルノアール 新宿小滝橋通り店 第2会議室

《《《見学歓迎!》》》

ご希望の方はご連絡を頂いてからの参加となっておりますので、こちらまでお名前をお知らせください。

ブログ内検索
プロフィール

Author:Macで音楽クラブ
MacなどのApple製品で音楽を楽しむユーザーグループです。
音楽の初心者やプロの方でも、MacやApple製品で音楽を扱うことに興味のある方なら参加することができます。会員は都内だけではなく全国に広がっています。

【定期的な活動内容】
毎月第1土曜日:
東京都内(主に新宿)にて定例会

毎月第3日曜日:
オンライン定例チャット

メーリングリストにて情報交換他

【イベント活動】
AUGM気仙沼2012参加
Macで音楽祭り2011主催
第1回Macで音楽ライブ開催
AUGM Tokyo2010参加
IMSTA FESTA2010参加
Macで音楽セミナー開催
MacExpoTokyo出展
福島県二本松にて音楽合宿など

詳しくは「Macで音楽クラブについて」をご覧ください。

ブログ全体をツイート
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
586位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マック
35位
アクセスランキングを見る>>
ブログ記事について
掲載されている内容には細心の注意を行っていますが、不正確な記載を含む場合があります。時間の経過などで方法も変化する事もあります。これらの文章に基づいて行動され如何なる損害を受けたとしても、当クラブおよび会員は責任を負いかねます。また、文章の更新により生じた如何なる損害に関しても同様です。
カウンター

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031